専業主婦のカードローン

主婦が審査に通るカードローン

スピード審査、3分簡単ネット比較申込/特選カードローン 本人の収入がない専業主婦の場合でも申込みができるカードローン。それは銀行のカードローンです。主婦でも借りることができるといえば、バンクイックや楽天銀行、みずほ銀行などの専業主婦が申込み可能というカードローンがあります。俗にいう大手の銀行ですね。低金利で借りることが出来るのでキャッシングの前に銀行のカードローンを利用する人も多いみたいです。これは、社会的な体裁もあるし、消費者金融から借りるよりも気持ちが軽くなるからです。Web完結というシステムのある金融会社もありますし、収入証明書不要で即融資してくれる銀行さんもありますからね。 もちろん、主婦がお金を借りるときは、ある程度の定期収入がないといけませんので、パートでいくら稼いでいるというのをしっかりと書かないといけません。ぶっちゃけ、主婦だろうがパートだろうがその人に定期的な収入があればお金は貸してくれるところが多いです。主婦だから借りれないというのはあまりないと思います。あくまで個人的意見ですが^^ 友達の主婦でも、大手銀行で即日融資してもらった人がいるので、じぶんが使ってるメインバンクで借りるのが一番良いと思います。イオン銀行やオリックス銀行で借りる人もいました。なんにせよ、審査は必ずあるので主婦ということは隠さずお金を借りるのが良いと思います。
主婦も申し込めるカードローン はこちら!
アイフル
融資利率:4.5%〜18.0% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能 50万円以下なら収入証明書不要!

主婦も申し込めるカードローン はこちら!

主婦も申し込めるカードローン はこちら!
プロミス
融資利率:4.5%〜17.8% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能 50万円以下なら収入証明書不要!

主婦も申し込めるカードローン はこちら!

主婦も申し込めるカードローン はこちら!
アコム
融資利率:4.7%〜18.0% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能

主婦も申し込めるカードローン はこちら!

主婦も申し込めるカードローン はこちら!

モビット

融資利率:4.8%〜18.0% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能

主婦も申し込めるカードローン はこちら!

主婦も申し込めるカードローン はこちら!

レイク

融資利率:4.5%〜18.0% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能

主婦も申し込めるカードローン はこちら!

主婦も申し込めるカードローン はこちら!

楽天

融資利率:4.5%〜18.0% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能

主婦も申し込めるカードローン はこちら!

財布を忘れて一人でごはんを食べる

専門学校に通うため県外に出て一人暮らしを初めた時のことです。まだ学校も始まっておらず、一人で街をブラブラしてデパートのレストランで夜ご飯を食べて帰ろうと思いました。人もまばらで、ハンバーグプレートを選び普通に座って料理が来るのを待ってました。急にふと財布持って来たかなと思ってカバンを探したとこ見当たりませんでした。やってしまったと思い、焦ってるとちょうど自分の頼んだ料理が来てしまいました。頭の中パニックになりましたが、只で食べるわけにも行かないので正直に店員さんに言いました。男性で店長のようでしたが、怒られました。料理は出来てるし財布を忘れるなんて良いわけないと怒られたと思います。自分の失態でしたが漫画じゃないし、まだ学校にも行ってないから連絡できる人もいませんでした。すみませんとひたすら謝りました。周りにいた女性グループも何事と見られ、サイフ忘れてるよとか聞こえてきました。店長さんが最後に折れてくれて、信じるから明日持ってきてくれと言われ頼んだ料理を食べました。ご好意でそのまま食べましたが本当に苦痛で全然楽しめず、早く食べ過ぎてもタダ食いみたいだしといたたまれませんでした。謝ってその日は帰り、翌日お店に行って謝って支払いました。店長さんは、優しく対応してくれました。あっさりそれだけでしたが、今でも忘れられない失敗の一つです。

旦那とお金に対する価値観が合いません

"お金の価値観が旦那とはあまり合わないな、と感じています。 一緒に住み始めた当初に指輪の話をしたのですが、旦那と私の結婚指輪の合計額25万ほどに対して「高すぎる」とぶつぶつ言っていました。 その日の夜にも大喧嘩したのですが、結婚に50万ほど使って勿体ない、などと言われたのです。 結婚式もしないし、結納もありません。 比較的お金がかからないように自分なりに譲歩していたので、これは驚きました。 普通のカップルでしたら、そこで合わないな、という話になって結婚を取りやめる方もいらっしゃるかと思いますが、結局はそのまま結婚することになりました。 旦那も私も年齢がけっこういっているので、お互いに妥協したのかもしれません。 あと、日常的に使用する食器にも私はこだわりたかったのですが、旦那はニトリでいいよ、という感じです。 仕方が無いのでその日は旦那の顔を立てて、ニトリで購入しました。 でも腹の虫が収まらないので、ニトリの皿を秘密裏に捨てて、アクタスなどのセレクトショップで勝手に購入しています。 (ニトリに恨みはありません。) いまのところ、旦那と結婚したことに後悔はしてません。 誰と結婚してもこういう価値観の相違は出てくると思ってるので、このままの状態で頑張っていこうと思っています。"

専業主婦でも申込み可能な銀行カードローンを紹介

一番、お金がかかったのは、家のペイントです 去年、一番お金がかかったのは、我が家の部屋全部のペイント代です。 我が家はそれまで、家の中の部屋の色が統一されていなかったので、娘の部屋はピンク、息子の部屋はダークブルー、夫婦の寝室は薄緑色、リビングルームは赤っぽい色などと言う、目が疲れてしまいそうな家だったので、落ち着いた、ベージュのような、暗すぎず、明るすぎない色に全室をチェンジしようと思って、思い切って、ペンキ屋さんに頼みました。 家の壁の色チェンジにあたり、部屋の家具を移動してもらったり、ペイントを買ったり、働くペンキ屋さんに支払ったり、それはそれは、お金がかかりました。 日数も2週間以上かかり、大掛かりな家の模様替えでした。 おかげで、今は、落ち着いた色合いの家でゆっくりとして、暮らしていますので、お金はかかったけど、日々の気持ちのよさには変えられませんので、満足です。 しかし、日々の食費にはお金がかかりすぎた事を反省しております。 家のことに、お金がかかるので、日々、食費を節約しようと思ったのに、なかなか出来ませんでした。 家計簿をつけようと思ったのに、ついつい、レシートがたまってしまったり、日々の生活に疲れて、夜ご飯の支度をしたくない気持ちに負けて、外食をしてしまったことは大いに反省したいです。 加えて、趣味で習っているピアノの練習をあまりしなかったので、月謝がもったいなかったと思います。 やるなら、やるで、お金を払っている分、練習しなければいけないと反省しました。 専業主婦の方でも安心して借りれるオススメのカードローン会社